うめびじ キッズサイト

お子様に多い耳の病気

反復性耳下腺炎

どんな病気?症状は?

くり返し起るおたふくかぜ様の耳下腺炎です。5〜10歳に多く、1年に1〜5回程度、腫れを繰り返し、それが数週間から数年おきに繰り返し生じ、ほとんどの場合、中学生ころになると自然におきなくなります。
一般的な症状は、片方の耳下腺だけが腫れますが、両側のこともあり、片側ずつ腫れることもあります。腫れは2〜3日で治まることもありますが、1か月以上持続することもあります。
発熱はないことが多く、痛みはおたふくかぜに比べて軽いことがほとんどです。

どうやって治すの?

積極的な治療法はなく、おたふくかぜの時と同様に、酸っぱい食べ物を避け、痛みが強い場合には痛み止めを使います。細菌が感染した、いわゆる化膿性耳下腺炎の可能性がある場合には、早めの抗生剤の内服が必要です。
効果のほどは定かではありませんが、予防するためには、口の中を清潔に保ち、ガムやレモンなど唾液の分泌を促すものを食べるとよいといわれています。虫歯があれば治療しておきましょう。

ご家庭でご注意いただきたいこと

他の人にうつることはありませんので、登校禁止にはなりませんが、初めての場合、おたふくかぜと見分けがつかないため、学校は休んで様子を見るようになります。
おたふくかぜと区別がつかないうちはおたふくかぜと考えて対処して下さい。

ページトップへ戻る