うめびじ キッズサイト

お子様に多い鼻の病気

花粉症

どんな病気?症状は?

花粉症の症状が発症するのは大人だけというわけではありません。最近では花粉症に悩む子供も増えています。現代の国民病である花粉症は成人だけの問題ではないのです。花粉症の症状は様々なものがあるのですが、くしゃみや鼻水、鼻づまりといったところが代表的な症状です。また、目や、皮膚がかゆくなったり、赤くなることもあります。特にお子さんの場合注意が必要なのですが、鼻が詰まると口呼吸になったり、鼻のとおりが悪くなると、夜間のいびきになりやすく、時に重篤化すると睡眠時無呼吸を呈することもあります。

どうやって治すの?

まずは花粉症というのはアレルギー症状であり、本人の体質によるところが多く、現況様々な研究者がアレルギーの根本的治療に取り組んでいるものの、根治は難しい病気であるということをご理解ください。以上より、まずは予防が第一となります。外出時のマスクや、うちの中に花粉を持ち込まないことも重要です。とは言いましても、お子様にどこまでしていただくか、難しいところもあります。
子供は外で遊ぶのが大好き。マスクといってもすぐはずしてしまうことも多いかと存じます。それでも予防の重要性は強調しすぎてもしすぎることはないかと考えています。こうしてまずは予防をしたうえで、症状の程度により内服薬や、点鼻薬、点眼薬を組み合わせて処方していきます。昨今のアレルギー治療薬は、従来の薬より、より眠気抑えた薬が多数出てきており、個人個人に合わせた処方がより容易になったといえるでしょう。

ご家庭でご注意いただきたいこと

花粉の季節に花粉がついいたままの洋服などは十分に払い落としてから家の中に入るようにしましょう。花粉の季節に洗濯物を外に干すのも、花粉がついてしまう原因にもなるので、花粉の多い時期には室内干しなどに切り替えることをお勧めいたします。
このように生活の環境から変えていくことで子供の花粉症を改善していきます。こどもの花粉症は子供だけの問題だけでなく家族で協力して取り組んでいくことが大切なのです。

ページトップへ戻る