うめびじ キッズサイト

みなさんから、よくいただくご質問

急性中耳炎と言われましたが薬を1日飲んだら痛みがなくなったようです。もう通わなくても良いのでは?

痛みがなくなっても、炎症が完全に消失したわけではありません。急性中耳炎の炎症が抗生物質や鎮痛剤によってある程度治まっても、鼓膜の奥(中耳腔)に液がたまる滲出性中耳炎として残っているケースが少なくありません。
滲出性中耳炎になると、耳の聞こえが悪くなったり、放置した場合、鼓膜がへこんで後ろの壁とくっついて、癒着してしまうこともあります。(完全に癒着してしまった場合は手術しなければ治りません。)
滲出性中耳炎はアレルギー鼻炎ちくのう症とも関係があり、耳だけの治療だけでは多くの場合不十分です。また急性中耳炎の治療が不完全だと、滲出性中耳炎だけでなく、慢性中耳炎になったりする場合もあります。また中途半端な治療は耐性菌(薬が効かない細菌)を増やし、その後の治療をむずかしくさせます。
耳鼻科医師に完全に治ったと言われるまでは、自己中断せずにしっかりと治療を行うことが、結果お子様の将来にとって安心です。

中耳炎を何回も繰り返してなかなか良くなりません。

子供のはな・みみに関しましては解剖学的に、鼻水が耳にはいりやすい状態になっています。鼻水を繰り返してだしているとすぐに中耳炎になりやすいため、原因が鼻にあることが多いのです。ただ、稀に中耳という空洞に菌が潜伏し続けていると鼻も出ていないのに中耳炎を繰り返す反復性中耳炎という病気がございます。経過によっては、中耳の環境を改善するために、鼓膜にチューブを入れて治療する場合もあります。

赤ちゃんの目やにがなかなか止まりません。

涙の出口は、目の内側にある鼻涙管(びるいかん)とよばれる管から出て行って、鼻の中が出口になります。
鼻の中がかぜや、炎症を起こすと、鼻涙管が詰まって感染して、目やにの原因のひとつとなります。
1歳未満の大半がこのことによって目やにがでます。

滲出性中耳炎・ちくのう症・アレルギー性鼻炎と言われて1ケ月以上通院していますが、なかなか治りません。なぜですか?

はな・みみの状態がすっきりしない場合、その原因のほとんどは鼻からがほとんどです。
はなをこまめに処置をして、まずは鼻の炎症を抑えることが重要となるかと思います。
鼻の症状が落ち着いて、初めて中耳炎の改善が見込まれると考えたほうがよろしいでしょう。特になかなか鼻をかめないお子さんには鼻の処置が有効です。

耳掃除を子供がいやがってなかなかさせてもらえません。

年齢・体格にもよりますが、だいたいお子様は耳の掃除をいやがります。ご自宅での耳のお掃除は週に1回程度でお風呂上りに見えている範囲内で軽く綿棒でこすることで充分かと存じます。
それでもたまる耳垢に関しては、耳鼻科でとってもらう方が確実ですし、暴れて耳の中を傷つけずに済むかと思います。くれぐれも無理なされないようお願いいたします。