うめびじ キッズサイト

その他の症状や病気

耳の異物

どんな病気?症状は?

耳の異物

耳の穴、つまり外耳道に異物が入ってしまった状態をいいます。子どもでは遊んでいておもちゃの部品(プラスチックの弾丸、ビーズなど)、消しゴム、小石、豆などが入ってとれないことがあります。
まだうまく話ができない年齢では、異物が外耳に入っていることに周囲の大人が長い間気づかないことがあります。その場合、大人が子どもの耳掃除をした時などに、におってきて初めて気づくことがあります。

どうやって治すの?

一般には「鈎」や「かんし」 という特殊なものを使って取ることがほとんどです。場合によっては耳洗といい、水で洗って流しだすこともあります。じっとできていればその場でとれることが多いです。
外耳炎を伴っている場合には、異物をとってから外耳炎の治療が必要になることもあります。

ご家庭でご注意いただきたいこと

外耳道は狭いうえ、曲がっています。異物が入ったことに気づいた場合でも、よほど入口で取りやすい場所以外は、耳鼻科医を受診することをすすめます。自分で取ろうとした結果、外耳道に傷をつけたり、逆に異物を奥に押し込んで鼓膜を傷つけることがあるためです。一般的には耳鼻科医のもとで専用の器具があれば、ほとんどの異物を除去することができます。

ページトップへ戻る