うめびじ キッズサイト

お子様に多い耳の病気

外耳道炎

どんな病気?症状は?

図の外耳道というところ(耳の穴の奥になります)が、ばい菌により腫(は)れたり、赤くなる病気です。多くの場合、耳かきやつめで外耳道に傷をつけることでおこります。
痛み、かゆみ、耳だれ、耳のつまった感じ、耳鳴り、聞こえにくい感じといった症状があります。痛みが強い時には夜も眠れないといったことになります。
治療としては、外耳道の消毒、抗生剤(こうせいざい:ばい菌をやっつける薬)を塗ります。ひどい時には抗生剤をのむ必要があります。

どうやって治すの?

外耳道炎真菌症

治療としては、外耳道の消毒、抗生剤(こうせいざい:ばい菌をやっつける薬)を塗ります。
ひどい時には抗生剤をのむ必要があります。

外耳道炎真菌症

ご家庭でご注意いただきたいこと

外耳道炎で治療を受ける方は、耳掃除をやりすぎている方が多いです。耳掃除をしすぎると、かえってばい菌が外耳道で悪さをしやすくしてしまいます。
多少のかゆみは耳珠(じじゅ:耳の穴の前の出っ張り)を圧迫するようにしてやり過ごしましょう。
お風呂で耳に水が入り、翌日になっても気になるようなら、耳鼻科で耳掃除を受けましょう。
耳掃除は、外耳道炎が完治するまでしないようにしましょう。

ページトップへ戻る